タラサについて

タラサと持続可能性ミッション

インドネシア、特に北スラウェシのような地域で、持続可能なダイビングを実践するには、それぞれが責任を持って行動しなければいけません。 そのため、タラサではただリゾートだけでなく他のことも行なっています。 タラサは現地の人にも恩返しができるように努力しています。 PADI AWARE のリゾートとして、タラサの教育は核となる価値です。現地に学校を建て、将来ダイブガイドになる子供たちもこの学校で教育しています。

PADI Course Director Simone Gerritsen

Simone Gerritsen

マネージングオーナー、PADIコースディレクター

1978年に初めてダイビングをしました。すぐにダイビングの虜となってしまいました。 1987年にはタラサダイブショップをアムステルダムにオープンしました。 1996年に美しい北スラウェシにダイブセンターを開くチャンスが訪れ、迷いなくメナドに行きました。

2001年にタラサダイブセンターを開き、多くのダイバーを教えてきました。 その後、バラクーダという古くも美しいリゾートを見つけました。 私はなんとか土地所有者と契約を結ぶことができました。これがタラサ メナドが2013年に生まれた理由です。

人を大切にしたリゾート

タラサは人々に多くの価値を置いています。 これが、タラサが常に”恩返し”という考えに人を巻き込む新しい方法を探している理由です。 例えば、定期的にビーチ清掃、海洋レクチャーまたは単にお客様とダンスパーティを開いたりしています。

これらの経験は有意義で価値があり、自己実現を目標としています。 口で言うほど簡単ではありませんが、お客様が友人として帰ってこられる理由の1つに過ぎません。

Collage of different staff members

タラサの歴史

2001

タラサダイブセンター

タラサダイブセンターは、大きなリゾートにある独立したダイブセンターとして運営を開始しました。 お客様はブナケン国立海洋公園の美しさに魅了され、今でもダイバーの憧れの地となっています。

Thalassa Dive Center team in 2001
Classroom interior in 2010

2006

学校

専門中学校を建てようというアイディアが生まれました。 2010年に建て始め、完成後、学校は大成功を収めました。 学校を卒業してからインドネシア中でダイブガイドとして働く子供達が増えました。

2013

タラサダイブリゾート メナド

かつてのバラクーダリゾートがタラサダイブリゾート メナドとして生まれ変わりました。 最初の小さな一歩はコテージをリノベーションすることからでした。 同時にダイブセンターとピザバーを作り始めました。

Dive center under construction in 2013
Dive Center at Thalassa Manado

2014

新しいダイブセンター

新しいダイビングセンターが出来たことにより、正式にダイビングリゾートとなりました。 部屋の数も増え、新しいお客様にも続々ときていただけるようになりました。

2015

最終段階

最後の大きな建設プロジェクトは、9つのバンガローの建設でした。そのため、4種類のお部屋を提供できるようになりました。

A bungalow under construction
Staff laying the first bricks for Thalassa Lembeh

2016

タラサ レンベ

さらなるマクロダイビングや他のリゾートとは違ったおもてなしを提供できるようタラサ レンベを建て始めました。 2017年5月にお部屋を建て始め、2017年10月1日に正式にリゾートをオープンしました!