Manado students laughing in classroom of our diving and tourism school

恩返し

北スラウェシの専門高校のサポートをお願いします。

オーナーのシモーヌが2007年現地の村に学校を建てました。 シモーヌの私金を使って学校を建て始め、今では子どもたちにダイビングガイド、ホテル・リゾートスタッフとして働ける機会を与えることができました。

その後オランダのスポンサー団体と協力し、タラサはダイビングスクールを支え、大成功を収めました。 そのため、卒業生の大多数は、近くのリゾートやクルーズなど、インドネシアのどこかで働いています。

タラサでは学校を訪れるツアーもあり、北スラウェシの生徒の日常を垣間見れることができます。

学校のための寄付も受け付けております。

リゾートにも学校用の寄付金箱があります。 寄付されたお金は学校の教科書、学校のメンテナンスやある子供の授業料として使われています。 その他にも現地の子どものスポンサーになることもできます。

勉強したくても授業料が支払えない子どもたちもいます。 定期的にリゾートでも生徒たちのダンスや音楽のパフォーマンスを設けています。

学校のサポートをお願いします!

オランダのスポンサー団体のことや学校への寄付等さらに詳しく知りたい方はお問い合わせください。

Students being taught diving in Manado Bay

スキューバダイビングで最高の仕事を

私たちの地域社会への投資は非常に重要です。だからこそ、私たちはタラサのダイビングスタッフを一から教育し、訓練しています。 最初に泳ぎ方を学び、その後PADIプログラムを経て、レスキューダイバー、ダイブマスターあるいはおインストラクターになるために日々訓練を受けています。

Waitress with a cold drink

働き方を学ぶ

ダイビングの他に生徒たちは観光業でどのように働くか学んでいます。 インターンシップとしてダイビングガイド、ウェイターや客室の清掃をしています。 北スラウェシの多くのリゾートで、インターンを大いに受け入れており、英語を学び、外国人と交流しながら有意義な仕事の経験を積むことができます。

お客様や友人からの支援

時々、お客様が学校で教えることがあります。 お客様が教える授業に生徒たちはとても興味を示しています。 例えば、サメの保護をしているお客様には学校でサメの保護について講義をしていただきました。

生徒たちは日常生活から離れ、創造性を促進し、そしてお客様と交流できることが出来ます。

Vacation plans?

Share your ideas and we’ll get back to you as soon as we can.