ブナケン国立海洋公園

南国の海でのダイビングでの理想とされる色とりどりのサンゴ、ウミガメ、魚の群れを見ながらダイビングができます! ブナケンとその周辺の島々にはダイバーを魅了する景色があります。

主なダイビングエリア

ブナケン、シラデン、メナドトゥア

ブナケン海洋公園は、メナド近郊の島々や海岸線で構成されています。世界でも有数のブナケンのドロップオフは60〜200メートルの深さまであり、そこに様々な種類のサンゴやスポンジ(海綿)が広がっています。

透き通る蒼い海にカスミチョウチョウウオをはじめ、色とりどりの魚の群がウォール(壁)の周りを 泳いでいます。その光景は一見の価値ありです。

Diver hovering above a turtle on the corals at Bunaken
Diving Manado - Pipefish

ポポと本島

南側にあるダイビングエリア、ポポはまた一味違います。砂地のスロープには海藻が広がり、タツノオトシゴ、カサゴ、ウミウシ、タコやイカなどマクロダイビングが楽しめます。

本島では砂地や岩場のスロープで面白い生物がたくさんいます。毎回ダイビングが異なり、飽きることありません。 メナドのリゾートから近いポイント、ブラックロックはナイトダイビング でも良く行く人気スポットです。

ブナケンのオススメダイブポイント

レクアン 1, 2 & 3

このレクアン(角という意味)はブナケンで大人気のポイントです。 サンゴに囲まれたウォール(壁)とたくさんのウミガメが見られることで有名です。

チェラチェラ

チェラチェラは、 "ギャップ"または "ひび割れ"を意味し、特に太陽が照っているときのワイド写真に最適です。

ティムール

ティムールは東という意味で午前中の早めのダイビングで良く行くスポットです。 太陽の光を浴びたこのスポットは魚の群れやサンゴがより鮮やかになります。

フクイポイント

穏やかなスロープと美しいサンゴ礁が広がるフクイポイントには、カンムリブダイやイソマグロもいます!

保護区域

保護区域として、ブナケン海洋公園付近での漁業を改めて見直し、区域の生態学的理解を高め、そして破壊的な産業活動を防ぐために区域のすべてのダイビングリゾートから料金を集めています。 より詳しい情報はこちらにアクセスしてください。 North Sulawesi Watersports Association.